2013年08月18日

[クロックス] crocs Classic




飲食店のキッチン・ホール兼用で履いています。


キッチンのコンクリートの固い床でも足腰に負担がかからないクッション性がありがたいです。

冬場は冷えも感じにくいです。


あと、閉店時の掃除の時も(裸足で履いているのが前提ですが)、水がかかっても気にならないのがいいで

す。


夏場は、床掃除のついでに足も洗っちゃいます。


ただ、タイル等のフロアを歩く時、グリップが良すぎてたまにつまづくのと、逆に水が垂れていたりすると大

変滑ります。

夏は外履きにもいいのですが、ソールの減りが恐ろしく早いので、1シーズンで使い捨てを覚悟したほうがいい

です。

色はチョコレートが気に入ってます。







[クロックス] crocs Classic





多くのクロックス"クラシック"フリークの声から生まれた"ケイマン"。

サイズ展開が豊富なので足にぴったりフィットするサイズを選んで。

ストラップを前に倒せばスリップオンサンダルに、かかと側で使用すれば歩行時のサポート力が高まります。

ストラップカラーを交換して自分だけのオリジナルクロックスを簡単にカスタマイズできるのも楽しみのひと

つ。保温力、クッション性に優れ、とても軽い履き心地です。通気穴があり、蒸れにくいのでルームシューズ

としても最適です。





[クロックス] crocs Classic


br /> CROCSは、米国コロラド州デンバーに本社を置くグローバルな靴製造メーカー。

靴底の厚さや前後に可動するストラップなど、あらゆるシーンでの履き心地を細部まで追求した靴を開発、製

造しています。すべてのクロックスシューズの素材は独自開発の「クロスライト」という特殊樹脂。「クロス

ライト」は保温性、クッション性、抗菌性、防臭性など優れた性質がある軽い素材で、人間工学に基づいたシ

ューズづくりを可能にしています。



[クロックス] crocs Classic





クロックスからのエスカレーター安全利用に関するお願い





エスカレーターをご利用される際は、必ず黄色い線の内側にお乗りください。

また、乗り降りの際は、黄色い線に足を踏み入れないよう、十分にご注意ください。


お子様のサンダル巻き込み事故が増えています。

クロックスはエスカレーターの安全利用を推進しております。ご理解・ご協力の程、よろしくお願いい致しま

す。


お乗りの際は必ず黄色い線の内側に乗りましょう。






商品のページ



[クロックス] crocs Classic















posted by 還暦べる at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | クロックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。